二重太鼓帯結び

着物は帯結びの方法にも種類がありますので、今回は二重太鼓帯結びの方法についてご紹介いたしますが、帯を体の前に持ってくることにより、自分でも簡単に結べることができますよ。

クッション付きの帯板や美装テープ、クリップか洗濯バサミを用意したら、帯板部分の両端にクリップを留めて、クリップの両側を持ちつつ帯の位置に留めたらマジックテープでしっかりと固定し、着物のシワも整えておきましょう。

帯の輪を下にした状態で、手先から50cm程度の部分にクリップを留めておき、手先は右肩にかけて、左側は後ろから巻いて緩まないようクリップで留めておきましょう。

右肩の手先を下ろしたら、左右の帯が十字になるような状態にして、長い方の手先を垂らした状態で美装テープを胸元で留めて、折りたたんだ手先を預けておきましょう。

太鼓の形になるように折り上げて、太鼓の大きさを決めたら美装テープで固定しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る