時代劇風!片輪結びの作り方

両面が使える袋帯を使って、時代劇風の方輪結びの作り方についてご紹介いたしますので、ぜひ実践してみましょう。

帯板を巻きつけたら、帯の厚みや体型によって長さは異なりますが、手先はだいたい45cmの位置をクリップで留めておき、帯を左側に90度曲げてクリップで下側を留めて、後ろ側から帯を回しましょう。

巻きつけたらクリップを外して、手先を下側から垂れ部分と空結びして、帯を引き抜かずにお端折りくらいの長さに調節しましょう。

残った手先部分と垂れを再び結び、結んだ先を帯より少し出して帯の形を整えたら帯揚げを結び、完成した帯を後ろ側に回しましょう。

この方法だと帯締めが無くても結ぶことができますので、比較的簡単に作ることができますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る