袋帯で柄を綺麗に見せるコツとは?

袋帯に描かれている柄を、綺麗に見せたいと考えている方にオススメの結び方がありますのでご紹介いたします。

帯板をセットしてクリップを真ん中に固定したら、帯揚げと帯締め、袋帯も手元に準備しておくと着付けがしやすいですよ。

手先の長さは55cmくらいを目安にして、見せたい柄を出したい部分である真ん中に当てて、左右を両手で後ろへと持っていき、摘んでいる部分の片方を中心に半分に折るのです。

左手で手先と垂れを持ち、手先はクリップで固定しておき、帯を一周させたら軽く締めて、緩まないように注意して再び一周させるのです。

右肩にある手先を下ろしたら、クリップを取り除いて手先と垂れを結ぶのです。

手先を開いたら、ちょうど良い位置に帯枕を入れて袋帯をを作りましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る