袋帯について袋帯について

袋帯について詳しく解説されています。
まず袋帯の長さとしては1丈1尺5寸(4m30cm)~1丈2尺(4m50cm)となっています。名古屋帯の長さとしては9尺5寸(3m50cm)~1丈(3m80cm)となっています。

現在売られているものとしてはこれが一般的となっています。昔はもう少し小さかったようですが、長くなった理由としては袋帯では変わり結びという結びをはなやかにたくさん結ぶことができるように長くとるようになったようです。

また袋帯と名古屋帯の違いとしては表を見た際には違いが分からないほどですが、横から見た際に公家つができるようになります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る