貝の口結びを実践してみよう!

着物の半幅帯結びで貝の口結びを綺麗に結ぶ方法をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

半幅帯とクリップを準備したら、帯板の真ん中にクリップを留めておき、帯の手先の長さは55cmくらい取って右手で押さえて、そこを目安としてクリップに固定しましょう。

右側の手先は折り上げて右肩に乗せた状態で帯を体に巻きつけるのですが、自分自身が一周回ると帯を巻きつけやすいのだそうです。

左手で左側の帯の上部分を持ち、右手で手先を持ちながら帯を締めたら、もう一度帯を体に巻いて締めたら、クリップを外して手先を下ろすのです。

帯を裏返しにして手先を半分に折り、余っている垂れの方も半分に折って内側に折り込んだら垂れを上にして結び、貝の口が綺麗に仕上がるよう長さを調節しながら結びましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る